三宅智子の子供や旦那の画像が見たい!店の名前や年収も気になる!

いやいやー

三宅智子社長、
お久しぶりの登場きましたね。

大食い世界一決定戦。

日本代表を決める戦いに、
主婦となっての再登場。

とっても気分が上がりますが、
やはり変わらず強いです!

スタートダッシュからいきなり1位。

母は強しといいますが、
その胃力はより成長したのか…

プロフィールはもちろんのこと、
最近の三宅社長について調べてみました。

スポンサーリンク


三宅智子のプロフィール

三宅智子 大食い生年月日:1983年11月21日
出身地:岡山県
身長:152センチ
スリーサイズ:82−59−80
好物:アイス

大食いといえば、
やはり三宅社長ですよね。

大食いタレントとしてじゃなく、
実業家としても活躍している社長。

8キロ越えをぺろりと完食するんで、
本当になんというか…恐ろしい。

確か大食いした最高記録が、
30キロ越えとかじゃなかったですかね?

記憶が曖昧なんで、
ここはまた調べて追記します。

三宅社長曰く、
ちょこちょこ食べると太るから、
食事は一日一食のどか食い。

一升の米はもちろんのこと、
おかずもモリモリ食べるそうです。

一回に多く食べることで、
栄養を吸収する弁が封じられる?

とお医者さんから診断されたそうですが、
そうすると栄養を吸収されず、
そのまま食べたものは排出されるそうなんで、
健康的かと言われたら、微妙ですよね。
(もったいない・・・)

三宅智子の店の名前は?

三宅智子 大食い

三宅社長ですが、
元々エステティシャンとして働いていました。

その後退社し個人事務所を設立、
そして現在は、飲食店を経営しています。

店の名前は「みやけ家」。

場所は東銀座駅。

昭和通りの銀座東交差点のすぐ近くで、
雑居ビルの2階にあります。

地元岡山の食材を使ったメニューがあり、
地元をPRする意味あいもあるんですって。

三宅社長ということで、
大盛りメニューももちろん置いてありますが、
ただデカ盛りなだけではなく、
味もしっかり美味しいと評判です。

スポンサーリンク


週替わりのランチメニューは、
三宅社長の公式ブログで毎回紹介されるんで、
ぜひ覗いてみて下さいね♪

→『三宅社長公式ブログ

三宅社長の年収は?

店も評判みたいですし、
メディアも登場してますし…

一体年収はいくらなんだろう?

と思って調べていたら、
気になる情報を見つけました。

なんでも三宅社長が普段している、
一番美味しい御仕事。

これはパチンコ店の営業で、
一度の営業で20万円という、
大金を手にすることができるそうです。

しかも一日最高3件廻ったそうなんで、
日給60万・・・・

20万円って、
会社員の月収とさほど変わらないですからね!

営業する時間は、
およそ5分程度。

おもに店のスタッフと、
大食い対決をするそうですが、
5分なんてちっぽけな数字、
三宅社長にとったらおやつ程度しか食べれません。

よゆうのよっちゃんいかで、
3店舗の営業を終えるそうです。

そして日給60万。

こういった話を聞くと、
普通に働くのが悲しく感じます><泣

っと話が長くなりましたが、
店の正確な売上げは分からないものの、
月数百万と見積もっても、
年収は一千万を余裕で超えると思います。

だって芸能の仕事だけで、
100万超える可能性がありますからね。

そこに飲食店の売上げをいれたら、
1000万なんて・・・・ねっ。

*昔は恵比寿にくるりという店がありましたが、
現在営業していないようです。

三宅智子の旦那や子供について

2016年4月に一般人の男性と結婚、
そして出産を報告した三宅社長。

第一子は男の子で、
名前を巧(たくみ)君というそうです。

公式ブログで画像をぱちり。

三宅智子 子供

三宅社長の爆食いのせいで、
息子が病気・・・

なんて噂もありますが、
巧君は普通に健康体なんで、
心配はご無用でございます。

普段からモテはするものの、
その規格外の胃袋のせいで、
結婚相手を捜すのは苦労した様子の三宅社長。

旦那さん曰く普段のデートで、

2時間がっつりしゃぶしゃぶ

アツいからと寿司

体が冷えたからラーメン

と3件をハシゴされた時は、
さすがに驚いたとか。

まあこのコースについてきてくれる男性は、

そうそういなそうですよね。

旦那さんの画像や情報は、
残念ながらないのですが。

こういった三宅社長の爆食いを、
そっと見守ってくれる人なんで、
とっても優しい男性なんじゃないですかね。

 

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

コメントを残す

このページの先頭へ