加藤鮎子の離婚理由は浮気?再婚相手の夫や子供の存在も気になる!

めかぶでございまーす(´ε` )

育休どころか、
永遠にお休み・・・

不倫騒動から一夜明け、
週刊文春が発売された今日。

恐らく宮崎議員にとって、
人生で最悪の一日となったことでしょう。

鳴り止まないブーイング、
「救いようがない」といった落胆の眼差し。

まあ奥さんが出産間近だというのに、
女性を自宅に連れ込むとか、信じられないもんね。

まさに自業自得でございますよ。

金子議員の反応にも注目が集まっているようですが、
個人的に気になったのは前妻の加藤議員。

実は宮崎議員はバツ1であり、
加藤議員と3年間だけ夫婦生活を送っていたんです。

気になる離婚理由や、
現在の旦那さんについても探ってみましたよ☆

スポンサーリンク


加藤鮎子プロフィール

加藤鮎子

名前:加藤鮎子
生年月日:1979年4月19日
年齢:36歳
出身地:山形県鶴岡市
出身校:慶応義塾大学法学部
コロンビア大学法学部

祖父は元衆議院議員加藤精三
父親は元内閣官房長官の加藤紘一という、
スペシャルファミリーに産まれた加藤鮎子さん。

鮎は出世魚とも言われますし、
鮎子”という名前もそういった意味合いがあるのでしょうか。

慶応義塾大学卒業後に政治活動をスタート、
野田聖子の秘書を務めています。

その後はコロンビア大学大学院に留学し、
国際公共政策を勉強。

当時の同窓にはあの小泉進次郎さんがおり、
帰国後会社員を経て、父紘一さんの秘書についたそうです。

初当選を飾ったのは、
2014年の12月

第47回衆議院議員総選挙に自民党候補として出馬し、
父が破れた阿部寿一に僅差で勝利を収めました。

加藤鮎子との結婚期間は僅か3年

まさにエリートというべき、
加藤議員の人生。

そんな彼女の人生にも、
一度だけ暗雲が立ち込めた時期がありました。

それは2006年のこと。

スポンサーリンク


渦中の人となった宮崎謙介議員と、
結婚をされたのです。

そしてそのわずか3年後の2009年に、
2人は離婚

原因は宮崎議員の、
女性問題」でございました。

加藤議員側から離婚を求めたそうですが、
当時一番憤慨していたのは父親の紘一さん。
加藤鮎子

結婚後宮崎議員は加藤の姓を名乗っていましたから、
追い出されるようにして家を逃げ出したそうです。

まあそりゃそうだよね、
大切な娘だもの。

私が同じ立場でも、
すぐ追い出すと思います。

政治家は国民の信用が大事ですからね、
雲行き怪しい人物は絶対NGです。

まあ結果からして加藤議員の選択は大正解、
「あいつは本当に」と今頃鼻で笑っていることでしょう。

加藤鮎子は再婚していた?

宮崎議員同様、
実は再婚していた加藤議員。

お相手は角田賢明(よしあき)さん36歳。

詳しい情報は出ていませんが、
加藤議員の初当選を支えた・・・との情報が多いので、
恐らく結婚時期は2014年頃だと思います。

加藤鮎子

元々は大手の証券マンだったようですが、
選挙活動を支える為に会社を退社。

妻である加藤議員を、
側でずっと見守り続けたそうです。
ソース

一般人の方のため詳しい情報はなく、
お2人の間にお子さんがいるのかも不明。

ただ妻の選挙活動を支える為に、
会社を辞める決意ができる人ですからね。

3年での離婚というのは大きな決断だったでしょうが、
結果的に加藤議員は、政治家としても、女性としても、
幸せな人生をGETできたのだと思います!

関連記事はこちら

→『金子恵美は韓国人ででき婚だった?宮崎謙介との離婚時期を予想!

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

コメントを残す

このページの先頭へ